fv

校長挨拶

「挑戦は未来を創る」 ~生徒と教員が一致団結し、何事にも挑戦し続けるチーム~

校長の写真

校長 長濱 哲也

History

本校は、明治39年6月、耳納連山そびえるこの地に大工科、指物科の2学科を設置する浮羽郡立工業徒弟学校として開校され、今年で創立117年目を迎える歴史と伝統ある工業高校です。現在は、建築科、環境デザイン科、機械科、材料技術科、電気科の5学科8コースを有する工業高校となっています。創立以来、2万1千余名の卒業生は、福岡県内はもとより、全国各地や遠く海外においても、「技術・技能」で社会を支えています。今後も、生徒と教職員が一体となり、地元の産業界や地域社会の御協力をいただき、「技術・技能」で社会を支える人材を育成することが私たちの使命であると考えています。

Challenge

本校に校長として赴任し、令和5年度で2年目となります。「愛すべきこの浮羽工業をもっと元気のいい学校にしたい。」「生徒たちの勢いがある学校にしたい。」という想いから、昨年度から「浮工チャレンジャーズ」という言葉を生徒・教師共通の旗印として、様々な場面で語ってまいりました。近い将来、社会に出る生徒たちにとって、高校時代に勉強・資格・部活動等、様々なことにチャレンジすることこそが、生徒たちがこれからの予測困難な時代を生き抜く力を身に付ける方法であると捉えています。また、教師集団においても、教科指導・部活動指導等でより高度なスキルを身に付け、生徒たちに還元することで、本校の指導力の向上を目指しています。このような取組が近い将来実を結び、地域に愛され、地域に必要とされる学校へと進化していくものと信じております。

pride

生徒たちが高い目標を持って充実した高校生活を送り、「浮羽工業で学んで良かった」と誇れる学校となるよう、教職員一同全力で取り組んでいきます。今後とも地域の皆様、保護者の皆様、同窓生の皆様のご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。